TGメルマガ

〜レッスンの極意〜

今月のお題は【パターの極意】です。

先日、FBでも載せていただきましたが、反響が大きかったので、今月はFBでは載せる事が出来なかった事を皆様にお伝えしたいと思います。

今週、【パターの極意・基本編】です。

パターの極意は、パターが持っている慣性を活かす事です!

意味が分かりますか?

パターは振り子のように真っ直ぐにテークバックしたものは、慣性を活かせば自ずと真っ直ぐに戻ります!

この動きが僕が思うパターで唯一無二、プレッシャーの中でも真っ直ぐストロークが方法だと思っています。

これが出来ると、驚くほどストロークが安定してボールの転がりが良くなります!とくにショートパットでは成果が高いです。

そのイメージは画像の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その際、振り子の支点は首の付け根辺りになります!

首の付け根を支点として、グリップ、腕の力を抜いてヘッドの慣性を

活かしてテークバックしてください。

また、テークバックの際には、ターゲットから目線を引いてきて

その延長線上にヘッドを動かすようにあげるとテークバックが

真っ直ぐに上がりやすくなります。

あとは慣性に任せてフォロースルーを出してあげてください。

皆様も手で真っ直ぐ引いて、手で真っ直ぐ打ちだそうとしても真っ直ぐに打てなかった経験はあるのではないでしょうか?

パターのストロークを安定させる極意は、『パターヘッドの慣性を活かすこと、目線を利用すること』です!

ただし、距離感(タッチ)は右で出します!

???となった方が多いと思いますが、この続きは次週のメルマガをお楽しみに!

次回【パターの極意】はタッチの出し方についてお話しします。