ゴルフを教えることが出来るアマチュアゴルファーの育成と、気軽にゴルフを楽しめる環境を整え、ゴルフ界の裾野拡大、活性化を目指します。ゴルフで人生を豊かに!ゴルフを愛する人々を応援します。

ティーチングゴルファー (認定講師)とは

≪ ティーチングゴルファーとは ≫

ゴルフに《秘書検定》や《ワインのエキスパート》のような資格があっても良いですよね?

初心者の人がいきなりプロから教わるより、身近にいるベテランゴルファーに教わる機会が多きはずです。でも、せっかく教わるなら100回は切ってて欲しいし、ルールやマナーもしっかり勉強している人から教えてもらった方が納得して言うことを聞きたくなるのではないでしょうか?

アマチュアゴルファーでも一定のスコア基準を設けて、資格を取得できるようにと発足したのが、当協会です。そして、当協会の規定をクリアしたアマチュアゴルファーをティーチングゴルファーと言います。

ティーチングゴルファー(認定講師)とは、ゴルフの普及活動を行うことをミッションとし、当協会のゴルフ検定試験に合格した一定以上の技術力と知識を有したゴルファーを指します。

ティーチングゴルファーの種別には≪正会員≫≪準会員≫が≪賛助会員≫の3種類あります。

         ≪ ゴルフのスペシャリストを目指す

試験に見事合格すると、合格認定書が授与されて、会員カードとネームプレートが送らせてきます。この認定証明の会員証が届くと自信を持って《ティーチングゴルファー》です!と言えるようになります。C級クラスから認定講師まで、レベル別のカリキュラムが用意されていて、動画で何度でも繰り返し見れるようになっているので、納得いくまでレッスン手法を視聴できるようになっています。また、協会が開催する初心者への教え方や正しいスイング、マナー、立ち居振る舞いなどの無料勉強会に参加することが出来ます。

協会で学んだノウハウを生かして初心者ゴルファーの心を掴み、ゴルフライフをさらに豊かにしていきましょう!

     《ティーチングゴルファーの資格取得≫

まずはラウンド検定試験を受験し、ラウンド検定試験に見ごと合格!ラウンド検定に合格後、ゴルフ指導講座を受講し、筆記検定試験に合格したら晴れて『ティーチングゴルファー』として認定されます。合格者しか視聴できない各階級の動画を何回も繰り返し視聴することが出来ます。パソコンや携帯で所長が可能なので、移動中た空いている時間を有効に使えるようになっています。また、チーム南澤のサポート体制(遠隔オペレッスン)もご用意していますので、レッスンは安心して行うことが出来ます。

*ティーチングゴルファーのカテゴリーはあくまでもアマチュアゴルファーであり、アマチュア資格を失うことはありません。従って、ゴルフ指導での金銭の授与は禁止します。金銭の授受が発生した時点でアマチュア資格を失います。当協会が発行する資格認定書はプロゴルファーの資格認定書ではありません。

2019年4月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGETOP