ゴルフを教えることが出来るアマチュアゴルファーの育成と、気軽にゴルフを楽しめる環境を整え、ゴルフ界の裾野拡大、活性化を目指します。ゴルフで人生を豊かに!ゴルフを愛する人々を応援します。

会員規約

会員規約

一般社団日本ティーチングゴルファー育成協会(以下「当協会」とします)は、当協会が提供する商品について、(以下「本サービス」)本サービスを利用するお客様(以下「会員」とします)が本サービスを利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

 

第1条(定義)

「当協会」は、ゴルフに関する商品又はサービスの提供を行い、オンラインによるゴルフに関する 商品又はサービスを提供を行います。本サービスを利用する会員が本サービスを利用するにあたり、以下の通り本規約を定めます。「本サービス」とは、当協会が本規約に基づき当協会を利用する者に対し、提供するサービスをいい、サービスの内容、種類については、当協会の独自の判断により随時変更、増減が行なわれるものとし、その通知は随時、当協会のホームページ上での表示を通じて行なわれるものとします。

 

第2条(規約の範囲及び変更)

1 本規約は、本サービスの利用に関し、当協会及び会員に適用するものとし、会員は当協会を利用するにあたり、本規約を誠実に遵守するものとします。

2 当協会が別途掲示またはその他の方法により規定する個別規定及び当協会が随時会員に対し通知する追加規定は、本規約の一部を構成します。本規約と個別規定及び追加規定が異なる場合には、個別規定及び追加規定が優先するものとします。

3 当協会は会員の承諾なく、当協会の独自の判断により、本規約を変更する事ができるものとします。この場合、本サービスの利用条件は変更後の本規約に基づくものとします。当該変更は、オンラインもしくは予め当社が定める方法で随時会員に公表し効力を発行するものとします。

4 当協会は、会員へ提供する商品の金額を、社会情勢、協会の経済状況の変動などにより改定することが出来る。

5 当協会は会員の承諾なく、社会情勢や経営方針の変更により当サービスを廃止もしくはサービス内容の変更またはサービス主体者の変更をすることが出来る。

6 規約の変更に伴い、利用者に不利益、損害が発生した場合、当協会はその責任を一切負わないものとします。

 

第3条(会員の地位及び制限事項)

1 会員の地位

会員は、当協会の会員申込みを提出した時点で会員とみなされ、本会員規約に同意したものとみなします。会員は、当協会および当社の提携事業者が本サービスを提供するために必要な範囲において、登録情報を取得し、利用することに同意します。

2 会員に対する禁止事項

会員は、以下に掲げる行為は行ってはならないものとします。会員の行為が以下の各号のいずれかに該当すると当協会が判断した場合には、事前に通知することなく、当該違反行為を排除するあらゆる措置を講じることができるものとします。また、その会員に通知することなく退会させることができるものとします。

  • 当協会が指定した方法以外の方法によって、本サービスを利用する行為。
  • 他者になりすまして本サービスを利用する行為。
  • 当協会が認める以外の方法で、本サービスに関連するデータのリンクを、他のデータ等へ指定する行為。
  • 当協会を利用するコンピュータに保存されているデータへ不正アクセスする、又はこれを破壊もしくは破壊するおそれのある行為。
  • 本サービスの運営を妨害する行為または当協会の名誉を毀損する行為。
  • 本サービスを使用した営業活動並びに営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用。但し、当協会が別途承認した場合には、この限りではありません。
  • 他の利用者の個人情報を収集したり、蓄積すること、又はこれらの行為をしようとする事。
  • 当協会もしくは他者の著作権、商標権などの知的財産権の侵害行為
  • 他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為
  • 個人情報を他の会員や第三者に漏洩する行為
  • 許可なく当協会の名称を使用する行為
  • 会員資格の第三者への譲渡、売買
  • 本サービスの目的に反し、犯罪に結びつく行為
  • 公序良俗に反する行為及びその他国内外の法令に反する行為
  • そのほか、理由の如何をとわず当協会が不適切と判断した行為

第4条(本サービスの中断、停止)

1 当協会は以下の何れかの事由に該当する場合、当協会の独自の判断により、会員に事前に通知することなく本サービスの一部もしくは全部を一時中断、又は停止することがあります。

(1) 本サービスのための装置、システムの保守点検、更新を定期的にまたは緊急に行う場合。

(2) 火災、停電、天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合。

(3) 第一種電気通信事業者の任務が提供されない場合。

(4) その他、協会の運用上あるいは技術上当協会が本サービスの一時中断、もしくは停止が必要であるか、又は不測の事態により、当協会が本サービスの提供が困難と判断した場合。

2 当協会は、本サービスの提供の一時中断、停止等の発生により、利用者または第三者が被ったいかなる不利益、損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

 

第5条(リンクの扱いについて)

当協会が提供する各種サービスの中から他のサイトへリンクをしたり、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合、当協会はリンクするサイトについては、何ら責任は負いません。この場合、当該サイトに包括され、また当該サイト上で利用が可能となっている

コンテンツ、広告、商品、サービスなどについても同様に一切責任を負いません。当協会は、それらのコンテンツ、広告、商品、サービスなどに起因または関連して生じた一切の損害についても賠償する責任は負いません。

 

第6条(著作権)

1 会員は、本サービスに掲載された情報、写真、そのほかの著作権は、当協会もしくは著作物の著者または著作権者に帰属するものとする。会員は、当協会著作物について複写、転用、公衆送信、譲渡はどの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならない。

2 会員は、権利者の承諾を得ないで、いかなる方法においても当協会を通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲を超える複製、販売、出版、その他の用途に使用することはできないものとします。

3 会員は、権利者の承諾を得ないで、いかなる方法においても、第三者をして、当協会を通じて提供されるいかなる情報も使用させたり、公開させたりすることはできないものとします。

4 本条の規約に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の責任と費用において係る問題を解決するとともに、当協会に何らの迷惑又は損害を与えないものとします。

 

第7条(賠償責任)

1 本サービスの提供、遅滞、変更、中断、中止、停止、もしくは廃止、提供される情報等の流出もしくは焼失等、又はその他本サービスに関連して発生した利用者又は第三者の損害について、当協会は一切の責任を負わないものとします。

2 会員が本サービス利用によって第三者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決し、当協会に損害を与えることのないものとします。会員が本規約に反した行為、又は不正もしくは違法な行為によって当協会に損害を与えた場合、当協会は当該会員に対して相応の損害賠償の請求ができるものとします。

 

第8条(プライバシー・ポリシー)

利用者による本サービスの利用に関連して当協会が知り得る利用者の情報の管理および 取扱いについては、当協会が別途定めるプライバシー・ポリシーによるものとします。

 

第9条(ユーザー名・パスワードの管理責任)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとする。会員はユーザー名およびパスワードの情報を第三者への漏洩、利用承諾、貸与、譲渡、名義変更、売買などの行為を行ってはならないものとする。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとして当協会は一切の責任を負わないものとする。会員は、パスワードの紛失、盗用などの事実を発見した場合には、ただちにその旨を当協会に通知するものとする。

 

第10条(会員資格の取り消し)

会員が次の各号のいずれかに該当する場合、当協会は当該会員に事前に通知することなく 本サービスの利用を停止させることができるものとします。また、その場合、年会費など 本協会が提供するサービスへの対価として支払った金額の残額は返金しないものとする。

  • 第3条-2の各号の禁止事項のいずれかに該当した場合
  • 本規約に違反した場合
  • 当協会に提出されて情報の全部または一部に虚偽、重要な誤記、記載漏れがあった場合
  • 当協会のサービスを妨害、名誉毀損にあたる行為を行った場合
  • 反社会的勢力であるか、もしくはそうした勢力と関係がある、もしくは過去に関係があった場合
  • 法令違反、犯罪もしくはそれらのおそれのある行為をした場合
  • 会費など商品の代金を3ケ月以上支払わなかった場合
  • その他、当協会が会員として不適当と判断した場合
  • 会員が本条の各号のいずれかに該当することで、当協会が損害を被った場合、当協会は除名または処分。そして当該会員によって被った損害を賠償請求できるものとする。

 

第11条(広告およびメールマガジンの配信)

会員は、本サービスに広告などが掲載されること、および広告などの掲載されたメールなどが配信させることに同意します。メールマガジンを含む本サービスに掲載されている広告などの提供者と会員の取引は、両者の責任において行うものとする。当協会は、それらの取引による損害、および広告が掲載されてこと自体による損害については一切の責任を負いません。また、賛助会員には本サービスを使用して広告を掲載することを認め。会員は賛助会員および当協会が認めた者が広告を掲載することに同意する。

 

第12条(金銭の授受について)

会員は、あくまでアマチュアゴルファーとして活動するものとする。すなわちプロゴルファーのように、会員が指導するお客様から金銭の授受を行ってはならない。金銭の授受によって生じた損害の責任は、会員は自己の責任と費用をもって解決し、当協会に損害を与えることのないものとします。ただし、当協会の公認インストラクターとして承認され、当協会および当協会関連会社が主催するゴルフ練習施設での金銭の授受はその限りではない。

 

第13条(成果の確約)

当協会が提供する商品は、会員のゴルフ上達の促進を手助けするものではあるが、上達を確約するものではない。当協会は会員のゴルフ上達に関しては一切の責任を負いません。

第14条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。

 

第15条(合意管轄)

本規約に関して紛争が生じた場合、当社本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

会員規約TOPへ

PAGETOP